時に無性に食べたくなる「チャーハン」。そんな時、チャーハンのおいしい店を知っていればとても楽しい食事になるでしょう。

今回は札幌でおすすめのチャーハンの店を厳選してご紹介します。

各店ごとに、チャーハンと一緒に食べたい料理もちょっとだけご紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

「チャーハン」はご飯に味を付けながらシンプルな具材を炒めただけなのに、なぜか心惹かれる料理だと思いませんか?さらに、見た目もだいたい同じようなもので、どの店で食べても変わらないと思いますよね?

しかし、実際に食べ比べてみれば驚くほど違いがあって、各店の調理法などでいろいろな味が楽しめるのです。

それでは、そんなチャーハンの世界へご案内していきましょう!

店も“絶品です”とする「月見軒」のチャーハン

 

多くのラーメン店ではメニューに「チャーハン」を載せており、実際にチャーハンをラーメン店で食べることも多いことでしょう。

ラーメン店ではその食材や隠し味をチャーハンと共通化している店が多く、チャーハンを名物料理としている店も少なくありません。

そんな一軒に「月見軒(つきみけん)」があります。札幌でも老舗格のラーメン店でその「みそラーメン」(900円、以下全て税込)の味には定評があります。

店も“絶品”とする「チャーハン」

しかし何といってもこの店の名物は「チャーハン」800円)。印象的なのは店の「お献立」に貼られたコメントに「絶品です」の文字があること!それほどまで自信のある一品なのです。

その“こだわり”はまず「米」、北海道長沼産の「ふっくりんこ」を使い、固めに炊き上げます。

次に「塩」は厳選した3種類をブレンドして味を深めています。さらに「ラード」を厳選、これらの素材を活かしたチャーハンに仕上げます。

出来あがりは程よい硬さのご飯がパラパラ感を演出しつつ、しっとりしたスープの味にラードのコクが絶妙のバランスをみせてくれます。

なお、この店では単品で注文するお客さんが多いのか「セット(半チャーハンなど)」がありません。

しかしラーメンと同時注文でシェアする場合など、その旨伝えれば取り分けて提供してくれるので(2人なら普通盛300g1/2ずつ、3人なら大盛450g1/3ずつ)、ぜひラーメンと一緒に味わってみてください。

そのマッチングは札幌の“ベストチャーハン”と評価するファンも少なくないのです!

三代目 月見軒 札幌駅北口店

営業時間 :平日11:0022:00L.O 21:30
定休日  :月曜日(祝日営業翌日休)
電話番号 :011-727-0607
席数   :42
駐車場  :有(店舗裏提携コインパーキング)
喫煙   :全席禁煙
支払い方法:現金
空間・設備:席が広い、カウンター席あり、座敷あり
カテゴリー:ラーメン屋
感染予防 :マスク着用、手指消毒、換気、多数の人が触れる箇所の消毒、備品/卓上設置物の消毒、時短営業
宅配   :可(foodpanda
テイクアウト :チャーシューは可
イートイン:可
アクセス :JR札幌駅北口 徒歩5
住所   :札幌市北区北6条西7丁目5-3 北海道自治労会館1F Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒公式サイト/食べログ/HotPepper

ここにコンテンツを記載

「信玄」で“締め”のらーめん&チャーハン

すすきの中心部からは少しだけ離れた場所に深夜でも行列を作るラーメン店があります。「らーめん 信玄(南6条店)」です。

ラストオーダーが午前1時(通常営業時)ということもあり、すすきので飲んだ後の“締めラーメン”として人気になっています。

この店では各ラーメンが「信州(コク味噌)」(800円、以下全て税込)「越後(辛味噌)」「土佐(あっさり塩)」など、戦国時代の地名になっている点がユニークです(そういえば店名の「信玄」もあの戦国武将ですね!)。

“締”めに最適の「チャーハン」(税込400円)

そしてこの店のサイドメニューとして「チャーハン」は外せません。ラーメンと同じ具とともに炒められた米粒はラードを纏って輝き、紅しょうがの赤色も映えています。

パラッとした食感で、コクのあるしっかりした味付けになっており、定番の「信州(コク味噌)」がややマイルドな味なので、ベストマッチといえるでしょう。

このチャーハン、値段は400円と手頃で、盛りもやや控えめなのは単品料理というよりも、サイドメニューとして(ラーメンとの)「セット」を想定しているからでしょう。

ガッツリ食べたい!というならば、150円で大盛りにできますよ。

やっぱり、すすきの飲みの “締め” には「信玄」のらーめん&チャーハンで決まり!です。

らーめん 信玄 南6条店

営業時間 :平日11:30〜翌1:00L.O
定休日  :無休
電話番号 :011-530-5002
席数   :13
駐車場  :無
喫煙   :全席禁煙
支払い方法:現金
空間・設備:カウンター席あり
カテゴリー:お手頃・ラーメン屋
感染予防 :マスク着用、手指消毒、換気、多数の人が触れる箇所の消毒、備品/卓上設置物の消毒、時短営業、アクリル板設置
宅配   :通販有り
テイクアウト :可
イートイン:可
アクセス :地下鉄南北線すすきの駅 徒歩10
住所   :札幌市中央区南6条西8丁目8-2 Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒/食べログ/HotPepper

名店ならではの“チャーハン”「純連」

「純連(じゅんれん)」といえば、札幌を代表するラーメンの老舗です。

もちろん札幌から「味噌ラーメン」を全国に知らしめた店ですが、実は「チャーハン」(740円、以下全て税込)も名物のひとつになっています。

コンビニなどで売られている「冷凍チャーハン」そのラベルに「純連」の文字を見かけたことがあるかもしれません。

それほど一般にも親しまれているのですが、なぜそこまで「純連」のチャーハンが人気を集めるのでしょうか?

その理由はまず「チャーシュー」にあります。純連のラーメンに使われるチャーシューは“秘伝のタレ”に漬け込んだ肩ロースで、ラーメンの重要なパーツとなっています。

そのチャーシューをチャーハンの具材として炒めることで、“秘伝”の味がしっかり全体に行きわたります。

さらに最高級のラードを使うことで、コクのある深い味わいを実現しているのです。

おすすめは「半チャーハンセット」1,230円)。ラーメンは味噌・醤油・塩(単品では各850円)から選択でき、程よいサイズのチャーハンとのセットです

。このチャーハンを食べて実感するのはラーメンとのマッチング

チャーシューの味付けやラードのコクなど、ラーメンと共通の素材を使っているので、その相性は抜群といえます。なお、チャーハンはテイクアウトもできるので、家でゆっくり味わうこともできますよ!

札幌 純連 札幌店

営業時間 :平日11:0021:00
定休日  :無休
電話番号 :011-842-2844
席数   :17
駐車場  :有(店前等20台)
喫煙   :全席禁煙
支払い方法:現金(券売機)
空間・設備:テーブル・カウンター席あり
カテゴリー:お手頃・ラーメン屋
感染予防 :マスク着用、手指消毒、換気、多数の人が触れる箇所の消毒、備品/卓上設置物の消毒、時短営業、アクリル板設置
宅配   :通販有り
テイクアウト :可
イートイン:可
アクセス :地下鉄南北線澄川駅 徒歩5
住所   :札幌市豊平区平岸217丁目1-41 シャトー純連1F Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒公式サイト/食べログ/HotPepper

「直伝屋」のラーメンに必須の“半チャーハン”

「直伝屋(じきでんや)」は地下鉄東西線、円山公園駅直結のショッピング施設「マルヤマクラス」の3階レストランフロアにあります。

この店は有名ラーメンコンシェルジュのプロデュースですすきのにオープンし、その後円山に移転してきました。

コンセプトは「札幌の伝統的なスタイルを大切にしつつ新しさも取り入れたラーメンを提供したい」というもので、「札幌の味を直接伝え、広げたい」という思いは店の名前に反映されました。

そのこだわりは店に入れば分かります。客席からは調理場が見えるようになっており、ラーメンの調理が始まると大きな「炎」が立ち上ります。

これこそが、札幌ラーメンの伝統といえる製法で、中華鍋で野菜を煽ることで香ばしさを加えているのです。

看板料理の「札幌味噌ラーメン」(850円、以下全て税込)は味噌や麺にもこだわって、札幌伝統の味を再現しています。

ラーメンに“必須”の「半チャーハン」(税込350円)

そんな「直伝屋」でおすすめの一品が「半チャーハン」です。直伝屋ではこのチャーハンを店のラーメンとよく合う“サイドメニュー”として用意しています。

そのため、(ラーメンに負けない)しっかりした味付けになっており、フルサイズメニューもありません。

これこそは直伝屋のラーメンに“必須”の(半)チャーハンといえるのではないでしょうか?

札幌ラーメン 直伝屋

営業時間 :11:0016:0017:0021:00L.O 20:30
定休日  :無休
電話番号 :011-211-1792
席数   :24
駐車場  :有り(マルヤマクラス駐車場)
喫煙   :全席禁煙
支払い方法:現金
空間・設備:落ち着いた空間、カウンター席あり
カテゴリー:ラーメン屋
感染予防 :マスク着用、手指消毒、換気、多数の人が触れる箇所の消毒、備品/卓上設置物の消毒、時短営業
宅配   :可
テイクアウト :可
イートイン:可
アクセス :地下鉄東西線円山公園駅 6番出口直結
住所   :札幌市中央区南1条西27丁目1-1 マルヤマクラス3F Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒公式サイト/食べログ/

札幌で“チャーハン”といえば「七福食堂」

札幌で“チャーハンの店”といえば「七福食堂(しちふくしょくどう)」の名が多くあがるはず。それくらい七福食堂のチャーハンは人気があるのです!

場所は創成川沿いにある「中央バス札幌ターミナル」の地下食堂街。

50年以上の歴史のあるビルなので、その雰囲気は まさに“昭和の食堂街”を思わせます。

そんな中に店を構える「七福食堂」も懐かしさを感じる造りで看板と暖簾には「おでん」の文字。

そう、この店は「おでん」をメインに丼物や各種の定食を提供しているのです。

しかし昼時には行列ができるほどの賑わいとなり、席に着いたお客さんの口からは次々と「チャーハン!」の注文が飛び交います。

ランチタイムには9割近くがチャーハンを注文するほどの人気とのこと!

さて、どんなチャーハンなのでしょう?

目の前に登場したチャーハンは肉・玉ねぎ・人参に卵と炒めた、どちらかといえば家庭的な仕上がりです(上に乗る紅生姜はお店っぽい?)。

なかなかのボリュームに見えますがこのチャーハン、サラダに味噌汁もついて何とワンコイン!これはどう考えてもお得です。

そしてひと口食べてみれば、その驚きは “納得” に変わることでしょう!

おでん 七福食堂

営業時間 :11:0021:00(土日祝は~20:00
定休日  :年末年始
電話番号 :011-221-1769
席数   :20
駐車場  :無
喫煙   :喫煙可(最新情報は店でご確認ください)
支払い方法:現金
空間・設備:カウンター席あり
カテゴリー:安価・定食屋
感染予防 :マスク着用、手指消毒、換気、多数の人が触れる箇所の消毒、備品/卓上設置物の消毒、時短営業
宅配   :不可
テイクアウト :不可
イートイン:可
アクセス :地下鉄東西線バスセンター前駅2番出口 徒歩2
住所   :札幌市中央区大通東1丁目 中央バス札幌ターミナルB1F ⇒Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒/食べログ/HotPepper

「千日前」のチャーハンは“あんかけ”にぴったり

「中華料理 千日前(せんにちまえ)」は札幌中心部やや西の16丁目、近くには札幌医大などの病院が多く、その関係者の食堂として愛される“町中華”です。

料理も中華全般ひとそろい用意されていますが、得意とするのは“あんかけ”系の料理。

麺なら「広東メン」や「あんかけ焼きそば」などの定番ものが人気ですが、名物は何といっても「シャレンタンメン」750円、以下全て税込)です。

プリプリの小海老がたくさん入った湯麺で、たっぷりの野菜とともに店自慢の「あん」に包まれます。

麺との組み合わせがおすすめの「チャーハン」(税込730円)

そしてもう一つ、「チャーハン」も忘れてはいけません。それはこのチャーハンが“あんかけ”にぴったりだからです。味付けはシンプルでやや控えめながら、あんかけの塩気と組み合わせて旨みを感じるまさにベストコンビといえるもの。

この「半チャーハン」とシャレンタンメンとの「フリーメンセット」1,000円で用意されています。

半チャーハンといいながら(半分ではなく)“小盛り”程度の量なので、お値段的にも圧倒的にお得なセットといえるでしょう。

半チャーハンはラーメン各種(みそ・塩・醬油)と組み合わせた「Wラーメンセット」は900円もあり、こちらもかなりリーズナブルな設定になっています。

ここ「千日前」のチャーハン、ぜひ麺類と組み合わせて食べてみてください。味も値段も”お得感”たっぷりです!

中華料理 千日前

営業時間 :11:0015:0017:0021:30
定休日  :日曜・祝日
電話番号 :011-611-0327
席数   :30
駐車場  :無
喫煙   :全席禁煙
支払い方法:現金
空間・設備:カウンター席あり
カテゴリー:安価・中華料理店
感染予防 :マスク着用、手指消毒、換気、多数の人が触れる箇所の消毒、備品/卓上設置物の消毒、アクリル板設置、時短営業
宅配   :不可
テイクアウト :可(ランチタイムは不可)
イートイン:可
アクセス :地下鉄東西線西18丁目駅 徒歩3
住所   :札幌市中央区南1条西16丁目1 ⇒Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒/食べログ/HotPepper

町中華の“目玉チャーハン”「進龍」

札幌第二の繁華街と呼ばれる「琴似」の地元民に人気の中華料理店が「進龍(しんりゅう)」です。

この店も庶民的な“町中華”で、 ベテランの女性スタッフがアットホームな雰囲気の中で鍋をふるっています。

メニューには中華らしく各種の「麺類」がズラリ、さらに「餃子」「中華丼」などの丼物や「野菜炒め」なども並びます。その中で今回のおすすめは「チャーハン」600円、以下全て税込)です。

この店のチャーハンは町中華らしい“昔ながら”のシンプルな作りで、その味わいは懐かしさも感じさせてくれます。

“昭和の贅沢”「目玉チャーハン」(税込700円)

そしてこのチャーハンの“特別版”が「目玉チャーハン」

その名のとおり目玉焼きの乗ったチャーハンですが、このちょっとしたトッピングがとても贅沢な気分にさせてくれるから不思議です。

目玉焼きは卵が2つ、そして上にはコショウがたっぷり。さらに添えられた紅生姜がその見た目を彩ってくれています。これぞ、町中華ならではの“昭和の贅沢メニュー”といえるでしょう。

なお、この店は中華料理店ながら「カツカレー」850円)が隠れ名物となっていて、多くのファンがこのカレーを食べに訪れます。

そしてカレーにもチャーハン同様の“特別版” 「目玉カレー」700円)があるので、チャーハンの次にはこちらもいかがでしょうか?

進龍

営業時間 :11:0020:30
定休日  :水曜日
電話番号 :011-644-6899
席数   :16
駐車場  :有り(店横2台)
喫煙   :禁煙可(最新情報は店に確認ください)
支払い方法:現金
空間・設備:カウンター席・座敷あり
カテゴリー:中華料理店
感染予防 :マスク着用、手指消毒、換気、多数の人が触れる箇所の消毒、備品/卓上設置物の消毒、時短営業
宅配   :可
テイクアウト :可
イートイン:可
アクセス :地下鉄東西線琴似駅 5番出口 徒歩3
住所   :札幌市西区琴似13丁目1-13 ⇒Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒/食べログ/HotPepper

その名も“絶品チャーハン”「とまり木処 ひだまり」

今回の特集では自らのチャーハンを「絶品」と評する店もありましたが、ここでご紹介する「とまり木処 ひだまり」では何と品書きそのものを「絶品チャーハン」としちゃっています!

この店は食堂&居酒屋というスタイルながら、ご主人は幅広い料理ジャンルを修めた腕利き料理人です。

その技術を活かし、昼はラーメン、チャーハン、カレーなどを提供、夜は各種の居酒屋メニューに食事も取れるメニュー構成で営業しています。

そしてそのご主人が自信を持って名付けた一品が「絶品チャーハン」なのです。

その名も「絶品チャーハン」(写真は半チャーハン)

値段はランチタイムには550円(以下全て税込)、夜も680円と手頃な設定となっていますが、それだけではありません。

このチャーハン、普通盛りでも500g近いボリュームがあるのです!

そしてこれを「ハーフ」にしても半分ではなく7割ほどが盛られるというサービスぶりにも驚かされます。

もちろん味もお墨付き、基本の「五目チャーハン」はパラッとした炒め具合で、味付けはシンプルゆえにその旨みが際立つものです(そのほか「シラス高菜チャーハン」「キムチチャーハン」などもあります)。

ラーメン店の店長経験もあるご主人得意の「らーめん」(各種)と「絶品半チャーハン」のランチセット(B)は850円。半チャーハンが他の店の普通盛り並みということを考えれば、(チャーハンは)“タダ(無料)”みたいなものです!

ぜひそんな「絶品チャーハン」、一度食べてみてくださいね!

とまり木処 ひだまり

営業時間 :11:0014:0017:00LAST
定休日  :日曜・祝日
電話番号 :011-676-4222
席数   :17
駐車場  :無
喫煙   :喫煙可能
支払い方法:現金
空間・設備:カウンター席あり
カテゴリー:居酒屋
感染予防 :マスク着用、手指消毒、換気、多数の人が触れる箇所の消毒、備品/卓上設置物の消毒、時短営業
宅配   :不可
テイクアウト :可
イートイン:可
アクセス :地下鉄東西線円山公園駅 徒歩3
住所   :札幌市中央区大通西24丁目1-30 5長寿庵ビル1F ⇒Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒公式サイト/食べログ/HotPepper

まとめ

札幌でチャーハンを食べるならおすすめ!の店をご紹介しました。
ラーメン店ではラーメンスープを使ったり、ユニークな味付けやトッピングに工夫したりする店もありました。今回セレクトした店はどの店もチャーハンを“売り”にしている店ばかりなので、どの店に行ってもハズレはありません!ぜひ、札幌でおいしいチャーハンを味わってみてください!

ルッチ編集部