札幌といえばラーメン、ご当地グルメのひとつとされるほど札幌にはラーメン店が群雄割拠という状態です。

そして味噌・塩・醤油などの味ごとにも有名店・人気店があります。

今回はそんな中から値段にも着目し、500円以内で食べられる「ワンコイン・ラーメン」のおすすめ店をご紹介します。

どの店も独自の工夫と努力でスペシャルプライスを実現しています。“安いのに美味しい!“そんなラーメンを食べさせてくれますよ!

地元のラーメンマニアWがご紹介します!

500円玉をディスプレイ!「昭和ラーメン ふくや」

この店がどれほど「ワンコイン」にこだわっているのか?それは店構えで一目瞭然!

なんと、店の窓のには大きな500円玉が貼られているのです!「絶対に値上げはしない!」という心意気を感じますね。

さあ、入ってみましょう。

店構えもまさに「ワンコイン」を主張しています!

まずは券売機で食券の購入です。

券売機のボタンは「醤油」「しお」(各税込500円)に、それぞれの「大盛」(税込800円)「ごはん」(150円)「缶ビール」(300円)だけ!

看板メニュー「醤油」の注文です。食券を渡すとベテランのご主人が手際よくラーメンを作ってくれます。

シンプルな「醤油」ラーメン(税込500円)


ほどなく目の前に置かれたラーメンは
シンプルながら良い香りが漂います。

まずひと口スープを味わってみれば、懐かしい醤油に魚介の風味。これが「昭和ラーメン」の由来なのでしょう。

麺は旭川の定番「加藤ラーメン」製


わずかにウェーブのかかった
麺は札幌ラーメンとは異なる口当たりの柔らかいタイプ。旭川ラーメンの麺(加藤ラーメン製)を使っているからです。

旭川ラーメンの麺は柔らかな口当たりが特徴です。

この店のご主人は琴似にある旭川ラーメンの名店「ななし」の創業者現在「ななし」はご子息に任せ、「ふくや」でワンコインにこだわったラーメンを提供しているのです。

そのこだわりを是非一度味わってみてください!

昭和ラーメン ふくや

営業時間 :11:00〜20:00(スープ切れまで)
定休日  :水曜日
電話番号 :011-622-2810
席数   :15席
駐車場  :有り(店前4台)
支払い方法:現金(券売機)
宅配   :不可
テイクアウト :不可
アクセス :地下鉄東西線二十四軒駅2番出口 徒歩4分
住所   :札幌市西区二十四軒3条4丁目2-2 ⇒Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒食べログ

ワンコインの先駆け店は「らーめんサッポロ 赤星」

札幌で「ワンコイン」に長くこだわり、その“先駆け”ともされる店が狸小路の7丁目にある「らーめんサッポロ 赤星」です。

この店も看板に「らーめん 500円」という文字がラーメンのイラストとともに描かれています。

「赤星」も札幌のワンコインラーメンでは老舗です!

入口すぐに券売機があるので、まず食券を買いましょう。現在ワンコインは「塩」と「醤油」

「味噌」は税込800円になります。今回は「塩」にしました。店内は一列のカウンターのみです。

ワンコインの「塩」


しばらく待って登場したラーメンは丼の縁からスープの面が低いので
一見量が少なく見えますが、けっこう深さのある丼で実は量も十分。

スープのベースは塩・醤油とも「鶏白湯」。塩はアサリ(貝)、醤油はカツオ出汁で味付けされています。

独特の白っぽい「中細縮れ麺」


麺は鶏白湯によく合う
中細の縮れ麺

具には柔らかく煮込まれたチャーシューにメンマ・ネギ。さらに半熟卵や岩のりなど、ワンコインなら省略されそうなものまで乗せてくれるのは嬉しいポイントです!

「さばにんにく粉」は無料なので、ぜひお試しを!

そしてカウンターに置かれた「さばにんにく粉」は無料で“味変”を楽しめるこの店ならではのサービストッピングです。

有料トッピングの「ピリ辛赤玉」(税込150円)はピリ辛の鶏団子で、これを少しずつスープにほぐし入れながら食べればこれまた別のラーメンに味変します

ワンコイン+アルファの値段で、いろいろな味を楽しめる”ことがここ「赤星」の特徴なのです!

らーめんサッポロ 赤星

営業時間 :11:00〜22:00
定休日  :無休
電話番号 :011-272-2065
席数   :9席
駐車場  :無
支払い方法:現金(券売機)
宅配   :不可
テイクアウト :不可
アクセス :南北線大通駅 地下歩行空間 7番出口 徒歩1分
住所   :札幌市中央区南7条西7丁目7 狸小路商店街 ⇒Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒食べログ/HotPepper

「ラーメン 木曜日」のコスパは札幌最高峰!

近くに地下鉄の駅も無く、決してアクセスに便利な場所にもかかわらず「ラーメン 木曜日」には連日多くのファンが訪れます。

何故そんなに札幌のラーメン好きを惹きつけるのか?それはこの店でラーメンを食べてみればわかります。

メインのメニューは「煮干し正油(税込500円)」

メインの「煮干し正油(税込500円)」(味玉はトッピング)


スープは厳選した煮干しなどの
魚介系の醤油味、麺は全粒粉を使った香りと食感の良い自家製麵という組合わせ。そのクオリティはとてもワンコインとは思えません。

この味はとてもワンコインとは思えません!

さらに驚くべきは麺の固さ(手もみ麺にも対応可能)やスープの油の量、味の濃さの増減が可能。ワンコインではちょっと考えられないサービスです。

麺は硬さ調整もOK


そんなカスタマイズに加え
10円(のり・麩)からのトッピング用意されているので、ワンコイン+トッピングで
自分好みのラーメンを作ることができます

自分の好みにカスタマイズできるラーメンなのです。

「木曜日」のラーメンは札幌でも最高峰のコスパ!それがこの店の人気の理由です!

ラーメン 木曜日

営業時間 :11:00〜16:30(売り切れ終了)土祝日は11:00~15:00
定休日  :日曜日
電話番号 :011-563-6525
席数   :14席
駐車場  :有(3台)
支払い方法:現金
宅配   :不可
テイクアウト :不可(臨時対応の場合あり)
アクセス :市電西線9条旭山公園停留所 徒歩2分
住所   :札幌市中央区南8条西13丁目3-35 ビブレ南8条 ⇒Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒公式サイト/食べログ/HotPepper

“朝ラー”ならワンコイン!「和だしらぁめん うめきち」

すすきの近くの場所で朝から深夜まで営業する使い勝手の良い店、それが「和だしらぁめん うめきち」です。

しかしこの店の売りはそれだけじゃありません。

こだわりの塩ラーメンが売りです!

まずはやっぱりラーメンの味!
この店のラーメンは「和だし」とあるように
厳選の煮干しとこだわりの塩(宗谷の塩)を使った「金色の煮干し塩らぁめん」が宣伝文句

そのラーメンを「朝ラー」ならワンコインで味わえる!これこそが店の売りといえるものなのです。

朝のワンコイン!「朝らぁめん(税込500円)」


自慢の
塩ラーメンを“朝仕様”にしたものが「朝らぁめん」(7~10時限定)
これが500円ポッキリ、正真正銘のワンコインです。

朝仕様のワンコインラーメンです!

レギュラーメニューである「煮干しらぁめん」を食べやすい麺に変更(中太縮れ→中細ストレート)した“かけ”ラーメンに、ネギとバラ海苔をトッピング。爽やかな朝らしいラーメンに仕上げています。

麺も朝向きにアレンジ


朝ゆえに食べやすいボリューム感で具もシンプルにして、その分手頃な値段で提供できる。
それがこの店のワンコインラーメンの秘密です。

すすきの近くにホテルを取ったなら、翌朝はここ「うめきち」に寄って「朝ラー」を体験してみてはいかがでしょうか。

和だしらぁめん うめきち

営業時間 :月~木7:00〜14:00(L.O)19:00〜翌1:00(L.O)
      金・土は~翌3:00(L.O)
定休日  :日曜日
電話番号 :090-8636-0141
席数   :12席
駐車場  :無
支払い方法:カード可(VISA、Master、JCB、AMEX、Diners)電子マネー可(交通系Suicaなど・楽天Edy・nanaco・WAON・iD・QUIVPay)
宅配   :不可
テイクアウト :可(焼き餃子・冷凍餃子)
アクセス :地下鉄東豊線豊水すすきの駅 徒歩3分
住所   :札幌市中央区南5条東2丁目11-1 ⇒Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒公式サイト/食べログ

「東京五十番」ならワンコインより安い!

「ワンコイン、500円玉一枚ポッキリでラーメンを食べられる」とはなんとも嬉しいことですが、さらに嬉しい「500円でお釣りがもらえる!」そんな店もあるのです。

東京の「五十番」は中華の有名ブランドです!

その店とは「東京五十番」です。その名のとおり東京の中華料理店「五十番」の流れを汲んでおり、札幌では大通の地下街直通の「大通西1丁目店」など3店舗を展開しています。

もちろん中華料理ですから豊富なメニューがそろっています。その中でもひと際特徴的といえる一品が「正油ラーメン」です

正油ラーメン(税込430円)」


その理由はこのラーメン、なんと430円!
ワンコインでお釣りがもらえるのです。

「正油ラーメン」は500円でお釣りがもらえるよ!

澄んだ醤油スープに縮れ麺、その上にはチャーシューにメンマ・海苔・ネギ。シンプルながら、これぞ懐かしい“中華そば”のスタイルです。

ひと口スープを啜ってみれば、醤油と生姜の味と香りが広がります。

中華そばっぽい「縮れ麺」


ラーメンはチャーハンや中華丼・ギョーザなどと組み合わせた各種の
「セット」もあります

この「東京五十番」市内には3店舗がありますが、店データは地下鉄大通駅の地下道直結でアクセスに便利な「大通西1丁目店」をご紹介しています。

東京五十番 大通西1丁目店

営業時間 :11:00〜21:00
定休日  :無休
電話番号 :011-271-2010
席数   :19席
駐車場  :無
支払い方法:現金
宅配   :不可
テイクアウト :可
アクセス :地下鉄大通駅 地下歩行空間直結 徒歩2分
住所   :札幌市中央区大通西1丁目12 桂和大通ビル50 B2F ⇒Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒公式サイト/食べログ

ワンコインのブラック!「櫻井ラーメン」

ブラックラーメンといえば真っ黒なスープが特徴的なラーメンで、「富山ブラック」をはじめ全国各地に広がるブームにもなっています。

札幌でもすすきのなどで「札幌ブラック」が人気を集めています。その一軒「櫻井ラーメン」は北海道におけるブラックラーメンの元祖とされる函館の「櫻井家」の札幌系列店です。

ワンコインで食べられる「ブラック」ラーメンです!

そしてこの店ではブラックラーメンがワンコイン、500円で食べられるのです!ワンコインメニューは「ブラック正油」と「ブラックみそ」

ホントに“真っ黒”な「ブラック醤油」(税込500円)


注文して、出来上がったラーメンが目の前に出て来てみれば
“本当に真っ黒!”なスープ!麺はほぼ見えず、トッピングのゆで卵も最初は何かわからないほどです。

しかしそのスープはしっかりと出汁感があり、見た目ほどの濃厚さやしょっぱさはありません。作りの良さ、手抜きのなさはとてもワンコインとは思えないでしょう。

麺も“ブラック”に染まります!

麺は本家「櫻井家」と同じく函館の製麺会社「日の出製麺」のもので、スープによく絡んでブラックに染まります。

麺も黒くなって味わいが増すんです!

なお「櫻井ラーメン」には姉妹店「櫻井ラーメン2」もあり、今回紹介の店舗は「中央店」になります。

櫻井ラーメン 中央店

営業時間 :平日11:00〜15:00、17:00〜20:30
      日・祝日11:00~16:00、17:00~20:00
定休日  :木曜日
電話番号 :011-532-3318
席数   :9席
駐車場  :無
支払い方法:現金
宅配   :不可
テイクアウト :不可
アクセス :市電山鼻9条停留所 徒歩6分
住所   :札幌市中央区南9条西9丁目1-23 ⇒Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒食べログ

約束を守ってワンコインを続ける老舗「華龍」

札幌市内中央部を東西に走る北5条通りの西14丁目。ポツンと一軒「ラーメン華龍」の看板が目につく店があります。

大ベテランの女性主人が一人で店を仕切る創業50年の歴史を誇る店です。

札幌有数の老舗ラーメン店で、店内も“昭和”の雰囲気です。

ラーメンは「みそ・正油・塩」の3種類、どれもがワンコイン(各税込500円)十数年前にお客さんだった学生さんと「値上げはしない!」とした約束を今でもしっかり守っています

値上げしない!約束を守るラーメン(写真は「みそ」税込500円)


ラーメンはご主人一人作業のため、効率的な作業ができるように食材が引き出しに入っているなど、まるで屋台を見るようで微笑ましく感じます。

とても気さくな女性主人ですよ。

代表メニューの「みそ」はもやしをメインに野菜が山盛りでその上に少し固めのチャーシューが乗っています。スープに浮かぶ白ごまも印象的です。

麺は“ザ・札幌麺”


麺は札幌の伝統的な
黄色い縮れ麺で、プリプリ感がスープとよく絡んでくれます。

まさに半世紀の歴史を感じるラーメン、ここ「華龍」ではワンコインで味わえますよ!

営業時間 :月曜日11:00〜17:00、火~日曜日11:00~22:00
定休日  :第1月曜日
電話番号 :011-241-5613
席数   :9席
駐車場  :有り(2台)
支払い方法:現金
宅配   :不可
テイクアウト :不可
アクセス :地下鉄東西線西11丁目駅 徒歩10分
住所   :札幌市中央区北4条西14丁目1-2 ⇒Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒食べログ/HotPepper

まとめ

札幌で500円玉一枚あれば食べられるラーメン、「ワンコイン・ラーメン」のおすすめ店をご紹介しました。

老舗の店も新しい店もありますが、どの店でも500円でおいしいラーメンが食べられます。共通しているのは手抜きをしての値段設定ではないこと

それぞれの“こだわり”によって作られる渾身の一杯です。ぜひ札幌でワンコインのラーメン、味わってみてくださいね!

ルッチ編集部