札幌といえば“スープカレーの街”として知られます。繁華街には有名スープカレー店が軒を連ね、郊外にも広く点在するなどその人気のほどがわかります。

そんな札幌で“あえて”の「ルーカレー」で勝負する店もあります。ご当地グルメとまでされるスープカレーに対抗して生き延びるどころかさらに多くのファンを獲得している店ばかりです。

今回はそんなルーカレーのおすすめ店をご紹介しましょう!

札幌のルーカレーの人気店はそれぞれに独自性を発揮しており、店ごとの違いが顕著です。それだけにどの店に行ってもそのカレーを楽しめるし、その日の気分で店を選ぶこともできます。

今回はルーカレー(スープカレー以外)でもインドカレーやスパイスカレー(の専門店)などは除き、どちらかといえば欧風カレー系の店を中心に選んでみました。

「へぇ~、札幌にこんなカレーの店があるんだ」きっとそう思うはずですよ!

札幌を代表するルーカレー「クロック」

札幌で“ルーカレー”といったとき、多くの人がその名をあげる店が「クロック」です。

円山地区の駅からは離れた場所にありながら多くのファンを集め、スープカレーの街札幌に“欧風カレー”をベースとしたルーカレーを広めました

この店のカレーは(メニューの表記によれば)「たっぷりの野菜とフルーツをピューレ状に煮込み、コクと深みを求めた」ものとのこと。確かにしっかり煮込まれたカレールーは“濃厚さ”が特徴で、旨みの凝縮感があります。

人気の「ビーフ+チーズオムレツ」

そのため(これもメニューにありますが)食べ方は「ルーの量を少しずつ」。それでもご飯とのバランスが取れた良い味になります。

メニューは「ビーフ」「チキン」「ポーク」(830円~、以下全て税込)という定番ものをはじめ、「骨つきチキン」「シーフード」「チーズオムレツ」「スペアリブ」「ソーセージ」「チーズ」というラインアップがそろいます。

札幌でルーカレーなら、まずはここ「クロック」に訪問!それが“お決まり”です。

クロック

営業時間 :平日11:30〜22:00
定休日  :月曜日(祝日営業火曜休)第1火曜日
電話番号 :011-642-2678
席数   :27席
駐車場  :有り(店前5台)
喫煙   :全席禁煙
支払い方法:カード可(VISA、Master、JCB、AMEX、Diners)
空間・設備:カウンター席あり
カテゴリー:お手頃・カレー店
感染予防 :マスク着用、手指消毒、換気、多数の人が触れる箇所の消毒、備品/卓上設置物の消毒、時短営業
宅配   :可
テイクアウト :可
イートイン:可
アクセス :地下鉄東西線円山公園駅 徒歩30分
住所   :札幌市中央区円山西町9-2-25 旭山プラザ1F⇒Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒公式サイト/食べログ/HotPepper

札幌の老舗人気店「カリーハウス コロンボ」

「クロック」と並ぶ札幌ルーカレーの人気店が「カリーハウス コロンボ」!

こちらは対照的に、札幌駅~地下歩行空間に直結したビル地下飲食街にあるとても便利なカレー店です。カウンター10席だけ店の前には常に行列、店もテキパキ対応してくれる気持ちの良さがあります。

この店、創業は昭和48年(1973年)という札幌でもまだスープカレーが一般的になっていない頃からの歴史を持つ老舗です。

カレーもこれまた(クロックとは)対照的な“水分の多い”タイプですが、これがこの店のやや固めに炊かれたご飯に相性が抜群!玉ねぎをじっくり煮込んだ甘みと程よくスパイスの効いたカレーです。

人気のカツカレーにたまごをプラスした「スタミナカツカレー」

一番人気は注文を受けてから揚げる「カツカレー」(870円、以下全て税込)。サクサクに揚げた衣にサラリ系のカレールーが“ソース”として最強のコンビになっているからでしょう。

もちろん定番系の「ポークカレー」や「ビーフカレー」(各820円)もあります。曜日で変わる「日替わりカレー」(900円)もあり、中でも水曜日の「煮込みハンバーグカレー」はカツカレーに並ぶこの店の人気メニューです。

そして「ルーの無料追加」もこの店ならではのサービスで、食べ放題のライスもあるので、カレーを思う存分楽しむことができます。札幌駅近くでカレー!というときはここ「カリーハウス コロンボ」に“ちょいと”寄ってみてくださいね!

カリーハウス コロンボ

営業時間 :11:00〜20:30(土・日・祝日は19:00)
定休日  :第4日曜日
電話番号 :011-221-2028
席数   :10席
駐車場  :無
喫煙   :全席禁煙
支払い方法:現金、WAON可
空間・設備:カウンター席のみ
カテゴリー:お手頃・カレー店
感染予防 :マスク着用、手指消毒、換気、多数の人が触れる箇所の消毒、備品/卓上設置物の消毒
宅配   :不可
テイクアウト :可
イートイン:可
アクセス :地下鉄南北線さっぽろ駅 徒歩2分
住所   :札幌市中央区北4条西4丁目1 札幌国際ビルB1F⇒Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒公式サイト/食べログ

元金庫室で人気のカレー「カフェ エッシャー」

札幌駅近くで、有名店「コロンボ」に並ぶ人気店として知られるのが「カフェエッシャー」。

その名のとおり元々は喫茶店ですが、現在はランチタイムのみの営業で、ほとんどのお客さんが名物の「カレー」を食べにくるというほぼ“カレー専門店”の様を成しています。

場所はJR札幌駅から大通に向かう駅前通りの中間あたりにのビル地下です。地下の奥の奥にあるので初めて行ったときには「なぜこんな奥に?」と思うかもしれません。

実はこのビル、かつては証券会社が入っていたビルで、「カフェ エッシャー」が入っているのは元金庫室だったからなのです。

開放された入口のドアはよく見てみればぶ厚い扉で、鉄格子との二重になっているのです!たしかに金庫室であったことが窺い知れます。

さて、店に入り着席するとカレー(だけ)のメニューが置かれます。そうです。ここはカレーの店?なのです。レギュラーメニューは8種類、すべてルーカレーです。

人気の「なすとひき肉のカリー」(税込780円)

素揚げのなすたっぷりのひき肉、大きめのジャガイモにニンジンという組合わせ。ルーカレーらしい口当たりのまろやかさが特徴ですが、しっかりスパイシーさとコクも感じる味わい深い作りになっています。

その他「かつカリー」(820円)「大エビフライとエリンギのカリー」(850円)なども人気で、「季節限定」のカレーもあります。

そして食後に出してくれるコーヒーを飲んだとき、その旨さにこの店が喫茶店だったことに改めて気づくはずです!

カフェ エッシャー

営業時間 :11:30〜16:00
定休日  :土・日・祝日
電話番号 :011-231-4430
席数   :23席
駐車場  :無
喫煙   :店にご確認ください
支払い方法:現金
空間・設備:テーブル席・カウンター席あり
カテゴリー:カフェ・喫茶
感染予防 :マスク着用、手指消毒、換気、多数の人が触れる箇所の消毒、備品/卓上設置物の消毒
宅配   :不可
テイクアウト :不可
イートイン:可
アクセス :地下鉄南北線さっぽろ駅 徒歩5分
住所   :札幌市中央区北2条西3丁目1-26 札幌第一ビルB1F⇒Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒食べログ/HotPepper

店名がすべて!「さっぽろルーカレー NAGAMIYA」

この店の特徴はその店名がすべてを表しています。「さっぽろルーカレー NAGAMIYA」と、ルーカレーの専門店であることは疑いようのない名前ですから!

店は地下鉄東西線の西11丁目から西に5分ほど歩いた場所にあり、店の前には「スパイス研究中」という幟(のぼり)が立てられています。

そう、この店の看板のカレーは「スパイシーチキンカレー」(790円~、以下全て税込)。この店が研究を重ねて辿り着いた現在形なのです。

カレーはその名のとおりスパイシーさが前面に来るものの、キレの良い口当たりで柔らかく煮込まれた鶏肉とのマッチングも取れています。

面白いのは「カッタミータ」というインドのお菓子がトッピングされていること。その食感と少しの酸味がカレーにアクセントを加えてくれます。

「あいがけ」なら悩まずに済みます

そして「特製ハンバーグカレー」(1,150円~)がもうひとつの名物で、実はカレーはこの2種類(ハンバーグ無しのビーフカレーを含む)だけ!それだけ力の入ったメニューといえるでしょう。

このハンバーグは札幌では名の知られた店である「洋食コノヨシ」の監修のもの。ふんわりジューシーに焼かれたこのハンバーグはビーフ味の甘口ルーでいただきます。

スパイシーチキンと特製ハンバーグ、どちらも魅力的で悩んでしまう!そんなお客さんのためにしっかり「あいがけ」(1,500円~)も用意されていますよ!

さっぽろルーカレー NAGAMIYA

営業時間 :11:30〜20:00(L.O 19:30)
定休日  :水曜日
電話番号 :011-231-4131
席数   :15席
駐車場  :無
喫煙   :全席禁煙
支払い方法:現金(券売機)
空間・設備:落ち着いた空間、カウンター席あり、無料Wi-Fiあり
カテゴリー:お手頃・カレー店
感染予防 :マスク着用、手指消毒、換気、多数の人が触れる箇所の消毒、備品/卓上設置物の消毒、アクリル板設置
宅配   :可
テイクアウト :可
イートイン:可
アクセス :地下鉄東西線西11丁目駅 徒歩5分
住所   :札幌市中央区南1条西13丁目4-62 ペスカトール南大通1F⇒Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒公式サイト/食べログ

ハンバーグならこの店も!「欧風カレー KEN」

「ハンバーグ」ならこの店も紹介しないわけにはいきません!「欧風カレー KEN」です。

最寄り駅は地下鉄東豊線の北13条駅と、札幌中心部からは少し北に向かった場所ですが、幹線道路(環状通)に面し、13台もの駐車スペースを用意するなど、車での訪問も便利でいつも賑わっている人気店です。もちろん人気の理由はそれだけではありません。

一番はこの店の不動の名物「ハンバーグ」です。券売機で食券を買う時点で「時間がかかります」とあり、さらに「提供時間は最短で20分、混雑時には20~40分かかります」とまであります。一見、面倒な店かと思いきやこれこそが“本物の味を追求”している証なのです!

名物「ハンバーグカレー」

「ハンバーグカレー」(1,590円、以下全て税込)はライスの上にハンバーグがドン!と乗って登場。カレーは別盛りで、最初にハンバーグをスプーンで割ってみれば肉汁がライスにしみわたります。そこにカレールーをかけることで、このカレーの味が完成します。

カレールー自体も「じっくり炒めた玉ねぎとフォンドヴォライユ(鶏のダシ汁)をベースに野菜・果物のペーストを加え、バターで仕上げています」との説明があるように、とても手間のかかったものです。

「欧風カレー」というだけありフレンチの技法を使っているようです。その他「チキンレッグカレー」(1,090円)もハンバーグに並ぶ人気のメニューなので、今日はハンバーグ以外がいいな」というときにはぜひ食べてみてくださいね。

欧風カレー KEN

営業時間 :平日11:00〜1:00(L.O 14:30)17:00〜21:00(L.O 20:00)
      土・祝日11:30~21:00(L.O 20:00)
定休日  :日曜日
電話番号 :011-752-8163
席数   :17席
駐車場  :有り(13台)
喫煙   :全席禁煙
支払い方法:現金(券売機)
空間・設備:オシャレな空間、落ち着いた空間、カウンター席あり
カテゴリー:お手頃・カレー店
感染予防 :マスク着用、手指消毒、換気、多数の人が触れる箇所の消毒、備品/卓上設置物の消毒、時短営業
宅配   :不可
テイクアウト :可
イートイン:可
アクセス :地下鉄東豊線北13条駅 徒歩3分
住所   :札幌市東区北15条東1丁目2-17 イースタンビル1F⇒Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒食べログ

積丹のうに丼屋が営むカレー店「円山教授」

札幌で“北海道らしいカレー”を食べるなら「円山教授」をおいて他にないのではないでしょうか。

その理由はこの店、“うに”の産地として有名な「積丹」のうに丼屋「田村岩太郎商店」が直営する店だからです!その名のとおり、店は札幌のオシャレ&グルメタウンで知られる「円山」にあります。

「浜カレー」(うにトッピング!)(税込1,600円)

さすがはうに丼屋、その積丹本店で期間限定メニューとして提供してきた海鮮カレーです。これを札幌で味わえる、いかにも“北海道らしいカレー”ではありませんか!

具材は甘エビの素揚げにイカ・ホタテ・ホッキ貝、そして茄子・人参・パプリカ・ブロッコリーにズッキーニ。

見た目も華やかなカレーになっていますが、カレーも甘エビで取ったダシに海老オイルなどを使ってしっかり味も追い込んでいます

この「浜カレー」、煮込み(1,550円)タイプもあり、見た目はやや地味になりますが、こちらは煮込まれた味の深さが魅力です。

そしてこの店ならでは!といえるのが「うに(素揚げ)」の無料トッピング!積丹のうにの漁期である6月~8月のさらに不定期という限定ながら、こんな贅沢なサービスは他にないでしょう。

ただし店内のメニューにはないので、必ずFacebookでチェックしてくださいね。 

円山教授

営業時間 :平日11:00〜22:00(L.O)
定休日  :不定休
電話番号 :011-522-8886
席数   :20席
駐車場  :有り(2台)
喫煙   :全席禁煙
支払い方法:カード可、電子マネー可(PayPay)
空間・設備:オシャレな空間、落ち着いた空間、カップルシートあり、ソファー席・カウンター席あり
カテゴリー:お手頃・カレー店
感染予防 :マスク着用、手指消毒、換気、多数の人が触れる箇所の消毒、備品/卓上設置物の消毒、時短営業
宅配   :不可
テイクアウト :可
イートイン:可
アクセス :地下鉄東西線西18丁目1番出口 徒歩5分
住所   :札幌市中央区南4条西21丁目1-27 第5藤栄ビル1F⇒Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒公式サイト/食べログ/HotPepper

 

カレールーを使い分ける「咖哩屋 梵」

ルーカレーの専門店の中でも「咖哩屋 梵(ボン)」はそのこだわりで多くのファンを持つ店です。

場所は地下鉄東西線、大通駅から5つ目の二十四軒駅3番出口を出れば1分というアクセスの良いところ。そしてこの店のこだわりとはなんと “使う具材(肉)によってカレールーを使い分けている” こと!

その具材とは「ビーフ」「ポーク」「チキン」の3種類(※)。

まずはビーフ「フォンドヴォーと赤ワインでトロトロになるまで煮込んだ欧風カレー」とメニューに説明のあるように、旨みとコクのバランスの良いカレーに仕上がっています。そして煮込まれた牛肉をおいしく食べさせてくれるルーであることが分かります。

「ポーク」にロースカツ(ハーフ)トッピング

そしてポーク「野菜や果物を煮込んでうまみとスパイスを強くしたスパイシーカレー」とあり、家庭的な味を感じさせつつスパイスはしっかり効いており、さすがは専門店と思わせる味です。

さらにチキン「鶏肉にぴったりのトマトベースカレーに生クリームでまろやかさをプラス」したというカレーです。

さて、あなたはどのカレーを選びますか?どのカレーを選んでも、それぞれに最適のルーに仕上げたカレーなのでハズレは無いはずです!じっくり味わってみてください。

(※)各カレーの値段はランチとディナーで異なり、オプションメニューもいろいろあるので、公式ホームページをご参照ください。

咖哩屋 梵

営業時間 :平日・祝日11:00〜14:00、18:00〜21:00
      土曜日11:00~15:00、18:00~22:00、日曜日11:00~21:00
定休日  :月曜日
電話番号 :011-624-7223
席数   :16席
駐車場  :有り(店前2台)コインパーキングあり(60分無料)18時までは隣の駐車場に駐車可
喫煙   :全席禁煙
支払い方法:カード可、電子マネー(Suica、iD、QUICPay)
空間・設備:カウンター席あり
カテゴリー:カフェ・喫茶
感染予防 :マスク着用、手指消毒、換気、多数の人が触れる箇所の消毒、備品/卓上設置物の消毒、時短営業
宅配   :可
テイクアウト :可
イートイン:可
アクセス :地下鉄東西線二十四軒駅 5番出口 徒歩1分
住所   :札幌市西区二十四軒1条4丁目3-12 興発ビル1F⇒Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒公式サイト/食べログ/HotPepper

まとめ

以上、札幌のおすすめルーカレーの店特集でした!スープカレーで有名な札幌ですが、ルーカレーの名店もあることがお分かりいただけたかと思います。

どの店でもそれぞれの“名物ルーカレー”が食べられるので、ぜひこの記事を参考に札幌でのルーカレー体験を楽しんでくださいね!

 

 

ルッチ編集部