「蕎麦前(そばまえ)」とは、“蕎麦屋で蕎麦を食べる前にお酒を楽しむ”こと。

江戸の時代に生まれたとされる江戸っ子の食文化です。

今回はそんな大人の楽しみともいえる蕎麦前を札幌で楽しめる店をご紹介します。

どの店も酒肴に銘酒、そしてもちろん蕎麦3拍子そろっていますよ!

“すすきのゼロ番地”で蕎麦前「朱月菴」

すすきの発祥の地ともされるディープスポットが「すすきのゼロ番地」

ススキノアパートという築50年以上の北海道内最古の公団住宅の地下にある飲食店街です。

その中に看板もない穴場中の穴場といえる「そばびより 朱月菴(あかつきあん)」があります。

開店は夜の19時。店内はカウンターのみの8席で、まずは店自慢の酒肴で一杯というのがこの店のお決まりです。

席に着いて飲み物を頼むとまず「お通し」、ポテトサラダなど酒好きの一品を出してくれます。

蕎麦前らしく、「板わさ」「そば味噌」「のり」などの定番ものに加えて名物といえる「スジコン」(牛スジとこんにゃく煮込み)など酒肴が自慢です。

名物「スジコン」

この店では「ウチは蕎麦屋ではないので、蕎麦だけのご注文はご遠慮ください」としています。

いや、この店は正確にいえば蕎麦屋ではなく、おいしい蕎麦が食べられる居酒屋であり、これこそが「蕎麦前」スタイル

もちろんランチ営業などもありません。すすきのの夜に、お酒を楽しんで蕎麦で締める。そんな使い方がおすすめの店です。

のど越し良い「せいろ」

締めのそばは本格派。

冷たい「せいろ」は蕎麦の香りとのど越しの良さをキリッとした辛めのつゆで味わうことができます。

なおこの店のメニューに料金は書かれていません。数点のおつまみで軽く飲んで、蕎麦で締めて3,000円台くらいが目安になります。

そばびより 朱月菴

営業時間 :19:001:30L.O
定休日  :日曜日・祝日・第1月曜日
電話番号 :011-562-8081
席数   :8
駐車場  :無
喫煙   :全席禁煙
支払い方法:現金
空間・設備:カウンター席あり
カテゴリー:蕎麦店
感染予防 :マスク着用、手指消毒、換気、多数の人が触れる箇所の消毒、備品/卓上設置物の消毒
宅配   :不可
テイクアウト :不可
イートイン:可
アクセス :地下鉄南北線すすきの駅 徒歩5
住所   :札幌市中央区南6条西4丁目すすきのゼロ番地B1F Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒公式サイト/食べログ/

その名も「蕎麦屋酒 しの崎」

札幌で“蕎麦前を楽しめる蕎麦屋”といえば、「蕎麦屋酒 しの崎」は代表的な一軒です。

何しろ店の名前に「蕎麦屋酒」、すなわち蕎麦前を楽しんでください!という店だからです。場所は札幌市電の走る南1条通り、ビルの地下にあります。

店に入ってメニューを見れば、「蕎麦味噌」340円、以下全て税込)「焼き味噌」「玉子焼き」530円)などの定番ものに、黒板にはその日のおすすめ料理が紹介されています。

ある日は金沢名物の「治部煮(じぶに)」がありました。

この日は「治部煮」

これも蕎麦屋らしく鴨肉を使い、そばつゆを活かした味付けになっており、お酒のつまみにも相性抜群のものでした。

日本酒は全国の銘酒をそろえつつ、“旨口”・“辛口”・“飲み頃の温度”などがメニューに書かれているので選びやすくなっています。

締めに最適の「せいろ」

もちろん蕎麦も自慢で、「せいろ」700円)はとてものど越しのよいもの。

多くのお客さんが“締め”に食べるので、「仕上げ蕎麦」としてサービス料金(580円)で提供しています。

普通の蕎麦屋は比較的閉店時間が早いものですが、この店では23時まで(通常時)営業しています。

そんなところも“蕎麦前”向きの店としておすすめできる理由になっています。

蕎麦屋酒 しの崎

営業時間 :11:3023:00(最終入店21:45、土曜日は夜のみ)
定休日  :日曜日・祝日
電話番号 :011-222-5311
席数   :21
駐車場  :無
喫煙   :喫煙可(最新情報は要確認)
支払い方法:現金、PayPay
空間・設備:カウンター席あり
カテゴリー:蕎麦店
感染予防 :マスク着用、手指消毒、換気、多数の人が触れる箇所の消毒、備品/卓上設置物の消毒宅配   :不可
テイクアウト :可
イートイン:可
アクセス :地下鉄東西線西11丁目駅 徒歩5
住所   :札幌市中央区南1条西9丁目1-2 2北海ビルB1F Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒/食べログ/HotPepper

「東家本店」ならゆっくり昼呑みOK

北海道で最も系列店舗の多い蕎麦屋といえば、何といっても「東家(あずまや)」でしょう。

総本家を釧路に構え(竹老園 東家総本店)かつては北海道内に50軒以上の系列店があったほど。

現在は後継者不足等で減少しているとはいえ、札幌市内でも何軒かの系列店が営業しており、そのトップにある店が「東家本店」です。

場所はすすきのの外れに近い西の1丁目、目立たない店構えながら店内はカウンター席・テーブル席に加えて、ゆったりできる小上がり席もあります。

この店のよいところは“通し営業”であること。

これぞ“蕎麦前”、特に“昼飲み”には最適な条件で、混雑する昼食時を避けてゆっくりできます。

定番の「玉子焼き」

メニューは本家「竹老園」譲りの名物「そば寿司」1,100円、以下全て税込)や「かしわぬき」630円)などが用意されるほか、酒肴の定番「板わさ」500円)「玉子焼き」(500円)などもあります。

蕎麦屋ならではの「天ぷら」にも定評があり、お酒のお供にも人気です。

ユニークなのは全国の地酒の「五寸瓶」(各500円)を用意していること。

珍しい「五寸瓶」の地酒

3本セット(1,350円)5本セット(2,100円)と「呑めば呑むほどお徳になります!」(店の説明)。

蕎麦も「ざるそば」792円)をはじめ、東家名物の「茶そば」「らん切り(たまご)」などの変わり蕎麦も味わえます。

ランチタイムも過ぎた昼下がり、小上がりでゆっくり蕎麦前を楽しめる。

これこそがここ東家本店の良いところです。

東家本店

営業時間 :11:3021:30
定休日  :水曜日
電話番号 :011-231-4572
席数   :45
駐車場  :無し
喫煙   :禁煙可(最新情報は確認要)
支払い方法:現金
空間・設備:落ち着いた空間、小上がり席あり、カウンター席あり
カテゴリー:蕎麦店
感染予防 :マスク着用、手指消毒、換気、多数の人が触れる箇所の消毒、備品/卓上設置物の消毒
宅配   :不可
テイクアウト :可
イートイン:可
アクセス :地下鉄南北線すすきの駅 徒歩3
住所   :札幌市中央区南4条西1丁目 ⇒Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒/食べログ/ HotPepper

札駅近く「黒むぎ」でオシャレに蕎麦前

札幌に来るなら利用機会の多いJR札幌駅。近くにおいしい蕎麦屋を探したこともあるかもしれません。

そんな時に便利な店が「そば切り 黒むぎ」です。

札幌駅から徒歩5分ほど、北海道大学の正門近くのビル地下にあります。

知る人ぞのみ知るようなまさに隠れ家、店に入って着席しメニューを開くまでここが蕎麦屋だとわからないほどのオシャレ感があります。

「いぶりがっこ」もクリームチーズでお洒落に

そのメニューにはしっかり「蕎麦前」のページがあり、蕎麦屋定番のおつまみである「板わさ」380円、以下全て税込)「自家製蕎麦みその炙り」380円)「いぶりがっことクリームチーズ」580円)などが並びます。

さらに「本日のおすすめ」として刺身系からちょっと手の込んだ一品料理も数多く用意されています。

蕎麦も本格派!

日本酒は全国から人気の銘柄を集めており、「獺祭」(山口)「而今」(三重)「新政」(秋田)「寫楽」(福島)など酒好きには堪えられないラインアップです!

さらにワインが充実しているのもこの店の特徴で、さすがは同グループ店にミシュランの星付きフレンチがあることを窺わせます。

「飲み放題」(1001,500円、地酒10種類付きは2,000円)や各種コース料理もあるのも便利です。

そして蕎麦は蕎麦粉十割の手打ち、蕎麦前の仕上げにはうってつけの味わいといえるでしょう。

そば切り 黒むぎ

営業時間 :11:0014:00L.O 13:3017:3023:00L.O 22:00
定休日  :日曜日・祝日・水曜ランチ
電話番号 :011-737-5377
席数   :54
駐車場  :無し
喫煙   :禁煙可(最新情報確認要)
支払い方法:カード可(VISAMasterJCBAMEXDiners
空間・設備:オシャレな空間、落ち着いた空間、席が広い、カウンター席あり、個室あり
カテゴリー:蕎麦店
感染予防 :マスク着用、手指消毒、換気、多数の人が触れる箇所の消毒、備品/卓上設置物の消毒
宅配   :不可
テイクアウト :不可
イートイン:可
アクセス :JR札幌駅 徒歩4
住所   :札幌市北区北8条西4丁目20-1 バロンドールB1F Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒公式サイト/食べログ/ HotPepper

円山の隠れ家「香季 清流庵」

札幌のお洒落な住宅地として知られる円山に、ひっそり店を構える蕎麦屋があります。

その店は「香季 清流庵(せいりゅうあん)」

住宅地の奥に入った場所にあるので、初めての時は迷ってしまうほど。まさに隠れ家といえるロケーションです。

探し当てれば赤い暖簾がかかる入口があり、そのさらに奥に普通の住宅のような玄関があるので、少し入りにくいかもしれません。

しかしここは思い切って扉を開けてみましょう

店に入ればご主人のワンオペであることがわかります(つまり入って来るしかない)。

酒肴の「三点盛り」

それにもかかわらず、品書きには「だし巻き玉子」550円、以下全て税込)「焼みそ」500円)「焼のり」200円)など定番のおつまみが用意され、さらに「三点盛り」700円)という気の利いた酒肴もあります。

この日は「揚げ蕎麦チーズ和え」「揚げ蕎麦がき」などを盛り合せてくれました。

蕎麦は「二八」550円)と「十割」600円)があり、さらに上品な「さらしな」550円)も含めどれもが十分なコスパを感じさせるもの。

蕎麦に自慢の「天ぷら」

「天ぷら」も各種あり「海鮮(海老・いか・穴子)」のほか、時期により「牡蠣」「落葉きのこ」なども揚げてくれます。

日本酒も厳選の地酒をそろえており蕎麦前を楽しめるラインアップといえるでしょう。

円山の隠れ蕎麦屋「香季 清流庵」でゆっくりと楽しむ蕎麦前、これもまたおすすめです!

香季 清流庵

営業時間 :11:0015:0018:0022:00
定休日  :水曜日
電話番号 :090-5302-6983
席数   :15
駐車場  :有(使用は要確認)
喫煙   :全席禁煙
支払い方法:現金
空間・設備:カウンター席あり
カテゴリー:蕎麦店
感染予防 :マスク着用、手指消毒、換気、多数の人が触れる箇所の消毒、備品/卓上設置物の消毒
宅配   :不可
テイクアウト :不可
イートイン:可
アクセス :地下鉄東西線円山公園駅 徒歩8
住所   :札幌市中央区南3条西22丁目2-11 Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒/食べログ/

蕎麦に銘酒「蔵美庭gravity

20213月、すすきのから西14丁目への移転を機に業態を“蕎麦前”寄りにシフトしてリニューアルオープンした店、その名も「蕎麦に銘酒 蔵美庭gravity(グラヴィティ)」

すすきの時代は日本酒を中心としたBAR形態でしたが、蕎麦も限定数ながら名物となるほどの人気を誇っていました。

移転後は、蕎麦前をメインに楽しめる店であることを堂々(店名に)謳ったというわけです。

日本酒は全国の銘酒が大きな冷蔵庫にスタンバイ。

都度在庫は変わっていくので銘柄のメニューは無く、冷蔵庫を覗いて注文を決めるスタイルです。

お酒に詳しくないなら、ご主人に好みを伝えればおすすめの一杯を選んでくれます。

こだわりの「そばがき」

おつまみはまず、蕎麦屋ならではの「そばの実おひたし」500円、以下全て税込)「蟻巣石の碾きたてそばがき」1,200円)に注目。

「蟻巣石(ありすいし)」とは読んで字のごとく“蟻の巣”のような小さな穴があいた火山岩で熱を持ちにくい性質があり、その蟻巣石を使った石臼では風味豊かな蕎麦粉が碾けるとされています。

そんなこだわりの蕎麦粉による一品がこの「そばがき」なのです。

薬味に本わさび・塩・蕎麦つゆの3種類を添えてくれるので、それぞれの組み合わせで味わえます。

香り高い「もり」

もちろん蕎麦もおすすめ、「もり」800円)は香りの豊かさと蕎麦の甘味、そして喉越しを楽しめます。

店内もオシャレな造りで、ゆったりした気分で蕎麦前を満喫できる、そんな新しいタイプの蕎麦屋です。

蕎麦に銘酒 蔵美庭gravity

営業時間 :11:0021:00L.O
定休日  :月曜日
電話番号 :011-252-7877
席数   :16
駐車場  :無
喫煙   :全席禁煙
支払い方法:カード可、電子マネー可
空間・設備:落ち着いた空間、カウンター席あり
カテゴリー:蕎麦店
感染予防 :マスク着用、手指消毒、換気、多数の人が触れる箇所の消毒、備品/卓上設置物の消毒、アクリル板設置、非接触決済、時短営業
宅配   :不可
テイクアウト :可
イートイン:可
アクセス :地下鉄東西線西18丁目 徒歩3
住所   :札幌市中央区大通西14丁目3-28 SSTビル1F Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒公式サイト/食べログ/HotPepper

女性店主による「手打ちそば みなと」

思い立った時間に食事やお酒、あるいはカフェタイム代わりに蕎麦屋はいかがでしょう?

そんな使い方におすすめの店が「手打ちそば みなと」です。

この店、昼休憩なしの通し営業なのです。

場所はすすきの中心部からは少し西側、東本願寺の近くで周りに飲食店はほとんどありません。

そんな隠れ家的ながら店内は大衆的そのもの、気さくな女性店主が迎えてくれます。

実はこの店の蕎麦はこの店主が手打ちしているのです。

それは女性が打ったとは思えないほどの“太さ”が自慢の食べ応えのあるもの。

手打ちの蕎麦は「太打ち」

ゆえに食事にも「もりそば」「かけそば」(各750円、以下全て税込)に加えて「かしわそば」900円)「親子そば」950円)などもあり、さらに「たぬき」「たまご」(各50円)「長いもとろろ」(150円)「野菜かきあげ」(150円)などトッピングをプラスして、好みの蕎麦メニューが作れます

もちろん“蕎麦前”にも対応北海道名物「三升漬(さんじょうづけ)」は手作りで、冷奴に乗せて提供してくれます。

これだけでもお酒が進んで困るほどです!

日本酒はグランドメニュー以外にもその時ごとの地酒が用意されているので、ご主人に聞いてみてくださいね(「そばビール」もありますよ!)。

ここ「手打ちそば みなと」は蕎麦も酒も酒肴も文句なしですが、一番のおすすめは女性店主との気軽なおしゃべり

そんなこの店の蕎麦前をぜひ楽しんでみてください!

手打ちそば みなと

営業時間 :11:3020:00L.O 19:30
定休日  :水曜日
電話番号 :011-532-3710
席数   :14
駐車場  :無
喫煙   :全席禁煙
支払い方法:現金
空間・設備:カウンター席あり
カテゴリー:蕎麦店
感染予防 :マスク着用、手指消毒、換気、多数の人が触れる箇所の消毒、備品/卓上設置物の消毒
宅配   :不可
テイクアウト :可
イートイン:可
アクセス :札幌市電東本願寺停留所 徒歩3
住所   :札幌市中央区南8条西8丁目521 Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒公式サイト/食べログ/HotPepper

“蕎麦屋らしい蕎麦前”なら琴似の「香凛」

札幌で“蕎麦前”を語るなら琴似の「想咲そば処 香凛(そうさくそばどころかりん)」は外せません!

この店こそ、まさに“お酒+蕎麦”という組み合わせの味わいを満喫できるからです。

まずは「酒肴」、その特徴は蕎麦屋ならではの「かえし」を活用した一品にあります。

「かえし」とは蕎麦つゆのベースとなる調味料で、醤油に砂糖や味醂などを合わせて作るもの。

それを出汁で割ったものが蕎麦つゆになります。

おすすめ「親鶏のかえし醤油煮」

この「かえし」をおつまみの味付けに使った代表的な一品が「親鶏のかえし醤油煮」580円、以下全て税込)。

噛み応えと旨みがある親鶏をかえし醤油で煮込み、さらに味を深めたものです。

その他の炒め物などにも「かえし」が有効に使われているのがこの店の料理の大きな特徴といえます。

そして合わせる日本酒は全国の銘酒揃いですが、特に“旨味”を重視したラインアップ。

それはまさに「かえし」の味に相性がピッタリだから。

中でも愛知の「米宗(こめそう)」は(この店が)全国でも売上トップクラスという定番酒で、芯のしっかりした豊潤な味わいが特徴です。

もちろん蕎麦屋の定番「蕎麦味噌」580円)や「厚焼き玉子」800円)に各種の「天ぷら」も豊富にそろっています。

蕎麦は「粗挽き」

そして締めの蕎麦香り豊かな「粗挽き」です。

お酒と酒肴をセットにした「晩酌セット」1,300円からで、3種類を飲み比べることができる「利き酒セット」も組み合わせることができます(+100円)。

“札幌第二の繁華街”といわれる琴似のここ「香凛」で、“蕎麦屋らしい蕎麦前”をじっくり楽しんでみてはいかがでしょうか?

想咲そば処 香凛

営業時間 :11:0014:0017:0021:00
定休日  :日曜日(祝日営業翌月曜休)
電話番号 :090-7640-1278
席数   :20
駐車場  :無
喫煙   :全席禁煙
支払い方法:現金
空間・設備:オシャレな空間、落ち着いた空間、席が広い、カウンター席あり
カテゴリー:蕎麦店
感染予防 :マスク着用、手指消毒、換気、多数の人が触れる箇所の消毒、備品/卓上設置物の消毒、減席、アクリル板設置、時短営業
宅配   :不可
テイクアウト :可
イートイン:可
アクセス :地下鉄東西線琴似駅5番出口 徒歩3
住所   :札幌市西区琴似16丁目2-24 ハイムリバーフィールド1F Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒公式サイト/食べログ/

まとめ

札幌で“蕎麦前”を楽しめる、おすすめの店をご紹介しました。

蕎麦前は江戸の食文化として生まれたものであり、居酒屋での長居と違って「蕎麦屋のつまみでお酒を味わい、蕎麦を手繰って仕上げる」というまさに“大人の楽しみ”です。

ぜひ札幌で、そんな大人の“粋の世界”を体験してみて下さい!

 

ルッチ編集部