札幌は言わずと知れたラーメン王国です。人気の味噌ラーメンはもちろん、醤油や塩ラーメンもほとんどの店で食べられます。

しかし札幌であえて「タンメン」で勝負する店やおすすめできるタンメンを提供している店もあるのです!

今回は、そんなタンメンのおすすめ店をご紹介しましょう!

名店のタンメン「札幌タンメン MEN-EIJI

札幌のラーメン界を牽引するといっても過言でない、今や札幌を代表するラーメン店が「MEN―EIJI」

平岸の本店と月寒店に加え、最近は“家系”ラーメンを提供する「EAK」(近日にはその2号店も)を開店するなど、ますます発展を続けています。

そのMEN-EIJIが「タンメン」に取り組んだ注目の「札幌タンメン MEN-EIJI 鶏白湯」は、さっぽろテレビ塔の地下に店を構えました(202012月開店)。

これがEIJI流「札幌タンメン」

MEN-EIJIが手掛けるタンメンはやはり“EIJIらしさ”を盛り込んだもので、その名も「札幌タンメン」880円税込)。EIJIといえば何といっても「麺」

札幌でも珍しく自家製麺にこだわり、その麺を(仕入れて)使うラーメン店も増加中です。

道産小麦ルルロッソの「麺」

「札幌タンメン」には北海道産の硬質小麦である「ルルロッソ」を使い、小麦の香りとモッチリした食感を味わえる麺に仕上げています。

さらにタンメンによく見られる“平打ち”ではなく、札幌らしい“ちぢれ麺”になっていることも特徴といえるでしょう。

スープは道産鶏100%で旨みとコクのバランスが取れた鶏白湯です。

鶏白湯スープにおろし生姜

店の説明によると「タレにはミネラル分の多い2種の塩をブレンド、昆布・醤油・塩で旨味のバランスを整えたもの」とこだわっています。

そしてタンメンといえばたっぷりの野菜おろし生姜もよいアクセントを加えています。

これが麺・スープ・野菜!この組み合わせを楽しめるMEN-EIIJI「札幌タンメン」なのです!

札幌タンメン MEN-EIJI 鶏白湯

営業時間 :11:0022:00
定休日  :不定休
電話番号 :050-8881-0080
席数   :28
駐車場  :無
支払い方法:現金(券売機)
デリバリー:可
テイクアウト :可
アクセス :地下鉄大通駅 直結 徒歩5
住所   :札幌市中央区大通西1丁目 さっぽろテレビ塔 B1FGoogleマップ
予約&クーポンを確認⇒公式サイト/食べログ/

ちゃんぽんのようなタンメン!「麺や 葉月」

札幌で数少ない“タンメン専門店”。その一軒が「麺や 葉月(はづき)」です。

最寄りがJR琴似駅で徒歩10分という住宅地の中にポツンとある穴場中の穴場にもかかわらず、待ち行列ができることがあるほどの人気店です。

ふらりと寄ることはまずあり得ない店、多くの常連に愛される店なのでしょう。

この店の特徴は、店舗横にかけられた看板幕に「タンメンのようでちゃんぽんのような野菜たっぷりの濃厚ラーメン」と書かれたこの文句に集約されます!

ご主人は東京のタンメンの名店で修業し、札幌琴似に「麺や 葉月」を開店しました。カウンター8席のみの店内、席が確保できたなら注文です。

名物は「タンちゃん麺」730円、以下全て税込)、そう、“タンメン”+“ちゃんぽん”=「タンちゃん」なのです!

野菜山盛りの「タンちゃん麺」

目の前に現れた「タンちゃん麺」は野菜が山盛り!

モヤシにキャベツ、タマネギ、ニンジン、白菜、キクラゲ、そして“頂上”にはコーンが乗っているのは北海道らしさ!でしょう。

ちゃんぽん風の「麺」

さらに目を引くのが団子状に丸められた「刻み生姜」。東京のタンメン通ならひと目でわかる名店「トナリ」でお馴染みのトッピング!

これをほぐしてスープに溶きながら“味変”とともに楽しむのがおすすめです。

生姜で“味変”する「スープ」

スープと麺は「ちゃんぽん」を思わせる作りで、まさにハイブリッドに味わえます。

この店、標準でも野菜が山盛りですが、「大盛り」(100円)もあります。麺と野菜それぞれで注文できるので、ガッツリ食べたいならばぜひチャレンジを!

麺や 葉月

営業時間 :11:0015:0017:0021:00(日曜日は通しで~17:00
定休日  :月曜日(その他2日不定休)
電話番号 :080-1874-3439
席数   :8
駐車場  :有(店横2台)
支払い方法:現金
デリバリー:不可
テイクアウト :不可
アクセス :JR琴似駅 徒歩10
住所   :札幌市西区八軒4条西3丁目3-1Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒/食べログ/

狸小路で本格タンメン「大豚白」

札幌でタンメンを食べるなら、狸小路のグルメスペースHUGイートにある「大豚白(だいとんぱく)」は外せません。

この店、札幌でも珍しい「麻婆タンメン」が人気ですが、それはベースとなる「タンメン」がしっかり作られている証明でもあるからです。

この店のタンメンは「大豚白麺」

「大豚白麺(タンメン)」850円、以下全て税込)は塩味がベースの豚骨スープ。

中太のちぢれ麺がよく絡み、たっぷりの野菜ともマッチしてワシワシ!と食べられます。豚バラがたっぷり入るのもこの店のタンメンの特徴で、食べ応え抜群です。

太めの「ちぢれ麺」

ライス(小160円~)もよく合うので注文をおすすめします。15時までならライス(中・大もOK)に焼売 or ザンギが+200円で「セット」になりますよ!

コクのある「スープ」

麺・スープ・野菜に豚肉全てにこだわったここ「大豚白」は、札幌で屈指のタンメンを食べさせてくれます。

もちろん、人気の「大豚白麻婆麺(マーボータンメン)」950円)や「焼き餃子」6540円)もあるので、タンメングルメ必注!の「タンギョー」(東京の名店で定番のタンメン+餃子の組み合わせ)を楽しむことができます。

狸小路近辺に行ったなら、ここ「HUGイートの大豚白」を思い出してくださいね!

大豚白

営業時間 :11:0015:00L.O 14:3017:0021:00L.O 20:00
定休日  :日曜日
電話番号 :090-5983-8746
席数   :8
駐車場  :無
喫煙   :15:00まで完全禁煙
支払い方法:現金
デリバリー:不可
テイクアウト :可
アクセス :地下鉄南北線大通駅 徒歩5
住所   :札幌市中央区南2条西5丁目6-1 ロジェ札幌25ビル1FGoogleマップ
予約&クーポンを確認⇒公式サイト/食べログ/

「大衆中華 珍萬」でユニークタンメン

さて次は、ちょっと珍しいタンメンをご紹介しましょう。

店は北海道大学近くにある「大衆中華 珍萬(ちんまん)」です。60年以上の歴史を持ち、食堂風のまさに“町中華”という趣で、メニューも麺類・丼・ご飯もの・定食などがそろいます。

おすすめの「スワンダータンメン」

今回おすすめしたいのが「スワンダータンメン」780円、以下全て税込)。

スープをひと口啜ってみれば、酸味を強く感じますが、その後に独特な辛みが追ってきます。

バランスしたスープは中細のやや縮れた麺によく絡み、豚肉とたっぷりの野菜とよく合います。

絶妙なバランスの「スープ」

おすすめは途中に「おろしニンニク」(卓上に置かれています)を追加すること。酸味・辛み・肉野菜の甘味・旨みにコクが加わりますよ!

食欲のないときでも、その酸味と辛みで野菜をたくさん取れる!そんな一品です。

オーソドックスな「麺」

大学に近いこともあってか学生客も多いのですが、サラリーマンや女性客が食べている姿も見られます。

「塩・正油ラーメン」は各640円、定食類も720円~770円と財布に優しいところはさすが町中華!広い客層に人気の理由でしょう。

最後にもう一品、「スタミナジュージュー」640円)という名物料理もあります。これは店に行ってのお楽しみ!ですよ。

大衆中華 珍萬

営業時間 :11:0015:0017:0021:00
定休日  :日曜日
電話番号 :011-716-2248
席数   :37
駐車場  :有(店横2台)
支払い方法:現金
デリバリー:不可
テイクアウト :可
アクセス :地下鉄南北線北12条駅 徒歩3
住所   :札幌市北区北10条西4丁目1-70Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒/食べログ/HotPepper

「中華料理 千日前」で“あんかけ”タンメン

札幌でユニークなタンメンをもうひとつご紹介しましょう。

1条電車通りを西に向かった西16丁目、大きな病院が並ぶエリアでその関係者にも人気の中華料理店が「千日前(せんにちまえ)」です。

店内にはテレビがあり漫画本もそろい、小上がり席もあるというまさに“町中華”の条件をそろえています。

この店の看板は「あんかけ」料理。麺・ご飯ともにあんかけのメニューが並びます。

名物「シャレンタンメン」

今回のおすすめは、その中でも名物ともされる「シャレンタンメン」750円、以下全て税込)。メニューには(エビ・野菜あんかけ)と付記されています。

中太の「ちぢれ麺」

塩味ベースのスープに中太のちぢれ麺、白菜・キャベツ・ニンジン・玉ねぎ・キクラゲという野菜の組み合わせはまさに「タンメン」です。

さらにエビが56個に「あん」がかけられた独特の一杯です。“ご飯”版の「シャーレンホイハン」750円)があるのもこの店らしさでしょう。

プリプリの「エビ」がたっぷり

その他にも「ラーメン」(みそ・塩・醤油)は640円と庶民価格、「ギョウザ」6480円)もあり、気軽に食事を楽しめる

これが多くの「千日前」ファンを持つ理由なのでしょう。

中華料理 千日前

営業時間 :11:0015:0017:0021:30
定休日  :日曜・祝日
電話番号 :011-611-0327
席数   :30
駐車場  :無
支払い方法:現金
デリバリー:不可
テイクアウト :可(ランチタイムは不可)
アクセス :地下鉄東西線 5番出口 徒歩2
住所   :札幌市中央区南1条西16丁目1Googleマップ
予約&クーポンを確認⇒/食べログ/HotPepper

まとめ

札幌で食べる「タンメン」。そのおすすめ店をご紹介しました。

誰もが認めるラーメン王国の札幌にあってタンメン一本で勝負する店や、特徴のあるタンメンが人気の店など、どの店でも価値あるタンメンが食べられます。

おいしく味わいながら野菜もたっぷり取れるタンメン、ぜひ存分に味わってくださいね!

ルッチ編集部